初心者には投資信託という便利な商品がある

『資産運用をしたいけれど、資金が少ないし、知識も無いので不安』という人にとって、役に立つのが投資信託です。投資信託とは、投資家から集めた資金を1つのファンドにまとめ、それを株や債権、不動産などに投資する金融商品のことです。小さな資金を集めて大きくすることで、さまざまな投資を可能にした商品といえます。

投資信託の最大のメリットは、少額の資金でも株式を買うことができることです。通常、株式を買う場合は20万円程度の資金が必要になりますが、投資信託なら1万円程度の資金でも投資ができるようになります。また、投資信託では投資対象を複数に分散させることができるため、倒産などのリスクを抑えることもできます。

しかも、ファンドマネージャーという投資の専門家が運用しているので、より確実な投資ができます。ただデメリットとして、他人に委託することになるので、販売手数料や信託報酬などのコストがかかることが挙げられます。

ところで、投資信託には主に3つの会社が関連しています。1つ目は「販売会社」です。ファンドを販売して資金を投資家から集める役割をしています。2つ目は「運用会社」です。ファンドマネージャーと呼ばれる運用担当者がデータや調査内容を分析して、運用の指示を出しています。3つ目は「信託会社」です。

投資家から集めた資金を管理しています。また、運用会社の指示に従って、株や債権の売買の処理を行います。