外国の通貨で資産運用すること

最近、資産運用に興味が出てきたため、色々調べてみました。その中でも外貨預金が、私のスタイルに合っているかな、と思い調べてみました。そこで、外貨預金について調べてわかったことをまとめてみたいと思います。

外貨預金、というのがそもそもなんなのかですが、簡単に言うなら「ドルやユーロなど、外国のお金で預金すること」です。外貨預金の何がいいか、というと「円よりも金利が高い・為替差益で増やすことが出来る」というこの2点です。

なぜ外貨だと金利が高いか、というと、別に外貨の金利が良いわけではなく、日本の金利が極端に悪いだけなんです。ですから、外貨預金というのは、海外の人にとっての預金と同じですのでリスクは低いわけです。為替差益、というのは円高の時に買って円安の時に売る、という方法で出る利益のことです。FX等と一緒ですね。

外貨貯金でのリスクはおおむねひとつです。それは、外貨が値下がりして、利息以上の損失が出ること。このリスクをコントロールするために上げられる方法は、
1、損益分岐点を計算しておく。
2、期間の短い定期にしておく。
この2点です。

リスクや、メリットを把握した上で、しっかりとした資産運用を心がけたいですね。