投資商品としての日本国債はどうなのか?

「資産運用」を考えるとき、預金や株式投資など色々な方法が思い浮かぶでしょう。
その中でも、「日本国債」による投資をおすすめします。

「国債」とは、国家が発行する公債のことを指します。
「国債」は発行の際に償還期限と利率が定められており、購入者はそれに応じた利息を受け取ることができます。そして償還期限を迎えた際には、国債の発行時の金額が支払われます。
つまり「国債」への投資は満期保有を前提とすれば、元本保証の効率の良い投資方法といえるでしょう。

もっと詳しく国債について学ぼう

「日本国債」は利払いや償還額による分類や、目的別による分類、償還期間による分類など、さまざまな種類の国債が発行されています。一般的によく聞かれるのは「普通国債」でしょうか。「普通国債」は建設国債(道路、住宅、港湾などの建設に使用)や赤字国債(歳入の不足を補うための1年限りの国債)などに細分され。これらの国債は用途が決められているのが特徴です。基本的に個人は購入することができません。

個人が購入できるのは「個人国債」と呼ばれる国債になります。
「個人国債」には3年、5年、10年など償還期限の異なるものが用意されています。「個人国債」はいずれも中途解約の際に買い取り額保障が定められているのが特徴です。

どういった運用方法をとるに際しても同じですが、自分に合った運用方法をよく検討して資産を効率よく運用することを心がけましょう。